ワンタッチタープ 2.5m UVカット 遮熱 アウトドア タープテント ウエイトセット フラップ付き グリーン クイックキャンプ QC-TP250 ワンタッチ テント 日よけ
2017-10-19

特価情報ワンタッチタープ 2.5m UVカット 遮熱 アウトドア タープテント ウエイトセット フラップ付き グリーン クイックキャンプ QC-TP250 ワンタッチ テント 日よけ

 
事務用品・オフィス用品のオフィネットが、品揃え豊富な40,000アイテムの中から選りすぐりのおすすめ商品、新着商品や在庫限りの特価品などをご紹介します

オフィネット最新情報ブログは、2014年5月1日よりオフィネット公式フェイスブックページと統合いたしました。引き続き、オフィネットをよろしくお願い申し上げます。

2016最新のスタイルワンタッチタープ 2.5m UVカット 遮熱 アウトドア タープテント ウエイトセット フラップ付き グリーン クイックキャンプ QC-TP250 ワンタッチ テント 日よけ

先日、ふらっと映画館に行って「天地明察」という映画を見てきました。
この映画は、江戸時代の暦学者であり囲碁棋士の渋川春海(劇中では安井算哲)という人が、日本で初めて、日本独自の暦を作るまでのお話です。

なぜ日本独自の暦を作る必要があったのか?コンピューターも天文台もない時代にどうやって作ったのか?その辺は映画の醍醐味ですので実際にご覧いただくとして、日本の暦がどう移り変わっていったのかについて、気になったので少し調べてみました。

日本に「暦」という概念が出来てから今日まで、計8回の改暦が行われました。意外と少ないですよね。「元嘉暦」に始まり、儀鳳暦、大衍暦、宣明暦、貞享暦、宝暦暦、寛政暦、天保暦、と続き、現在の「グレゴリオ暦」に至ります。

この内、渋川春海が作った、初の国産の暦が「貞享暦」で

、それ以前の暦は中国で作られました。現在の「グレゴリオ暦」以外は「太陰太陽暦」を用いていて、、「グレゴリオ暦」は太陽暦です。現在の暦以前の暦のことを日本では「旧暦」と呼ぶことがありますが、旧暦とはすなわち「太陰太陽暦」のことなのです。まとめると、このようになります。

誕生 中国 日本 ローマ
暦法 太陰太陽暦 太陽暦
名称 元嘉暦 儀鳳暦 大衍暦 宣明暦 貞享暦 宝暦暦 寛政暦 天保暦 グレゴリオ暦

ちょっとごちゃごちゃしてきましたね。日本の暦が大きく変わったのは、やはり「太陰太陽暦」から「太陽暦」へ変わったことではないかと思いますが、この辺の違いについて、簡単にご紹介します。

今日特売ワンタッチタープ 2.5m UVカット 遮熱 アウトドア タープテント ウエイトセット フラップ付き グリーン クイックキャンプ QC-TP250 ワンタッチ テント 日よけ

まず、「太陰太陽暦」や「太陽暦」の「陰」と「陽」とは、それぞれ月と太陽のことを指します。

「太陰暦」は、月の満ち欠けで一ヶ月を数えることをベースとし、一年はそれを12で掛けたものです。一年はおよそ「354日」になります。

一方、「太陽暦」は地球が太陽の周りを回る周期をベースとします。一年はおよそ「365日」です。この数字はお馴染みですね。

「太陰太陽暦」も「太陰暦」の仲間ですが、一年の数え方が違います。一ヶ月の数え方は太陰暦と同じく月の満ち欠けで数えますが、そうすると太陽暦と比べておよそ11日間、一年が短くなってしまいます。そこで、太陰太陽暦では3年に一度「うるう月」を設けて周期のズレを調整します。これが「太陰太陽暦」の基本的な考え方です。

これは、太陽暦でいう「うるう年」と同じです。地球が太陽の周りを回る周期は、厳密には365日ではありませんので

ワンタッチタープ 2.5m UVカット 遮熱 アウトドア タープテント ウエイトセット フラップ付き グリーン クイックキャンプ QC-TP250 ワンタッチ テント 日よけデザインも豊富!

、こちらも4年に一度、ズレを調整します。つまり、

【安心発送】ワンタッチタープ 2.5m UVカット 遮熱 アウトドア タープテント ウエイトセット フラップ付き グリーン クイックキャンプ QC-TP250 ワンタッチ テント 日よけ

「両者とも一年を地球の公転に合わせ、端数を何年かに一度調整する」という点では同じということですね。

明治5年は12月が2日間しかなかった!

日本では明治5年までが旧暦、明治6年からがグレゴリオ暦になりましたが、この2つを切り替える時に、ちょっと面白い事実があったのをご存知ですか?

旧暦(=太陰太陽暦)とグレゴリオ暦(=太陽暦)では一年の日数が違う関係で、旧暦の明治5年12月2日は、グレゴリオ暦では12月31に相当します。「明治6年からはグレゴリオ暦」になりますので、なんと明治5年の12月は2日でおしまい、明日は明治6年のお正月ですよ、ということになってしまったのです。

現代でこんなことになったら、ちょっと戸惑う気がしますよね。紅白はどうするんだとか、お給料はいつ出るんだとか。第一、コンピューターを全て修正するのに大変な労力がかかるのではないかと思います。逆に言えば、よほどのことがない限り、、、生きている内に改暦の瞬間を迎えることはないだろうなあと思います。

—うっちー
シェアする
 
 
オフィネット専門サイト
 
{yahoojp}xt01-myp11-wl-3139